趣味

乗馬初心者が気をつけることでまず大切なのがパートナーである馬が実は非常に臆病な性格であることを理解しておくことで、
馬の死角となっている後ろから近づくことを絶対に避けるということです。
馬の正面に立つことも危険なため横から馬に近づくことが大事で、馬の周囲や馬上で急に動いたり大声を出すなどの行為も厳禁です。

乗馬体験には手綱を持つ人が先導する馬に乗って移動する引馬体験と軽いレッスンの後で初心者が自ら手綱をとってコースを散策する外乗体験があり、乗馬に自信のない初心者は引馬体験から始めるのが良いとされます。

自分で馬を操る外乗体験もインストラクターの指導に従って安全に行うことができますが、犬などのペットを飼育した経験などが無く動物自体に慣れていない人は無理をしないほうが安心です。

馬の乗り方は歩かせ方などの基本はインストラクターが丁寧に指導してくれるため初心者でも安心で、頭の良い動物である馬は人から出された指示の通りに歩き出したり止まったりしてくれることから、インストラクターの指導や注意されたことを守って手綱の引き方や足の使い方などで上手く指示が出せるようになったら、あとは馬と仲良くなることが上達にとって一番大切なポイントになります。

馬に乗って移動すること自体に慣れて馬との意思疎通が図れるといった実感が持てるようになれば、あとは馬と人とがお互い慣れるほどに双方の呼吸が合って来ます。
一般的に乗馬スクールで初心者を乗せて歩くのは訓練が行き届いて慣れていない人のことを大目にみてくれる馬と言えることから、怖がらずに正しい合図を出せるようになれば馬は確実に応えてくれます。
生き物との接し方に慣れていない人は自分よりも大きい馬とのコミュニケーションを取ること自体おっかなびっくりになってしまいがちですが、そういった不安をあらかじめインストラクターにしっかり伝えておくことも大切です。

怖い気持ちを隠して強がってしまうと馬と素直に向き合うことができず慣れるのにかえって時間がかかることもあるため、オープンな気持ちで臨むほうが良い結果に繋がります。
乗馬用品はジョセス