板金塗装の種類

板金って一言で言いますが、実際はそれぞれに名前があります。
まず外側についているパネルを修正することを外板板金といいます。
これは皆さんが一番関わる事の多い板金です。こすった、ぶつけた
というとまずこの板金になると思われます。
次にもっと内部になり、骨格が曲がってしまうことで、修正が必要になってきます。
その時にする板金が「内板骨格修正」といいまして、ここまでの作業が必要となると
中古車として売るときには事故車として取り扱われてしまいます。
また、内外関わらず、変形が激しく、修復不可能の場合は新しいパネルに
交換する「パネル取替え作業」になり、これをした方が安くあがるケースもあります。

その他にも必要な部品の取替え、取り外しなど、たてつけの調整をして
しっかり不具合がないような組み立てをしていくのも板金の業務です。

一言で板金とはいいますが、実際は色んなセクションにわかれているので、
大きい工場はこれを分担してやってたりもします。
もちろん、個々が得意な分野を担当し、キレイに仕上げるのもいい事ですし、
一人が責任を持って仕上げていくのも作業の抜けがなくなるので良い。
どちらがいいとは簡単には言えません。ですが、技術力のある業者が
私はこれしかできません。と言ってるのを聞いたことがないので、
やはり全て対応できる技術者の方が、しっかりとした力を持っているかと思います。

話はそれましたが、板金塗装には色んな種類があるのです。
事故によってはその全てをすることがありますので、車の完成までに
時間がかかるのはある程度しょうがないと思っていただいたほうがいいかもしれません。
だいたい、目安としては1週間〜10日くらいの作業時間があれば、完成するとは思われます。